松山眼科クリニック

Tel.072-395-2881
WEB予約
WEB予約

各種日帰り手術

Medical

白内障手術

一般的な白内障手術、難治白内障手術、多焦点眼内レンズを使用した白内障手術(選定医療、費用はご相談ください)など

白内障手術について

白内障は眼のレンズにあたる水晶体が濁る病気で、手術では濁った水晶体を吸引することで摘出し、人工のレンズ(眼内レンズ)を挿入するという手術を行います。顕微鏡で行う高度な技術を要する手術ですが、手術器械の進歩により安全に手術が可能で、合併症は少ないです。術後の通院が可能な方であれば日帰り手術が可能で、手術時間も短時間で痛みも少ない手術です。

当院での手術を受ける方の流れをお話します。

手術の流れ

手術を受けることになったら、まず手術に必要な検査をします。

  • 採血(全身状態の確認、感染症の有無)
  • 角膜内皮細胞(黒目の膜の細胞の数をはかる)
  • 角膜曲率半径(黒目のカーブの具合をみる)
  • 眼軸長(眼の奥行きの長さ)

①採血は手術前の全身状態を調べるためのものです。全身状態が悪い状態で手術を受けると傷口が治りにくかったり術後感染への抵抗力が弱かったりするので急がない場合は手術を延期することがあります。
②角膜内皮細胞は角膜の後面にあり、角膜を透明に保つのに重要です。細胞数が減少している場合は内皮細胞を保護する工夫をして手術をします。
③と④は眼の中に挿入する眼内レンズの度数を計算するのに必要です。以前は超音波を用いて測定していましたが、最近はより正確に測定ができる光学式の測定機器で測定しています。

手術の説明

血液検査結果が出たころに再来院して頂き、手術の説明をします。手術の具体的な方法、合併症等についてもお話します。大事な説明ですので、ご家族の方等、どなたか一緒に聞いておいてもらう方が良いでしょう。手術の日程についてもこの時に決定します。

手術前

3日前から抗生剤の目薬をして手術に備えます。手術の前日にはクリニックにお越し頂き、最終的な体調などの確認を行います。この時に左右間違いを防ぐため、左右の表示のある紙を首からかけていただきます。

手術当日

帰りは片目に眼帯をして帰宅することになるので、出来れば付き添いの方と一緒に来院してください。手術の1時間前に来院していただき手術に向けての目薬をします。準備が出来たら少し休んでいただき、気持ちを落ち着けてから手術室に入室します。手術は10分程度です。痛みはありませんので安心して手術を受けてください。手術が終わると眼帯をして待合室に戻ります。待合室で休憩をして、問題がないようであれば帰宅してもらいます。

手術翌日

翌日の朝に診察をします。感染症や眼圧上昇などがないか診察します。診察が終わったら眼帯は不要ですが、眼をぶつけたりしないように保護用の眼鏡を着用するように勧めています。

当院での手術について

当院の手術室は特殊なフィルターを用いた専用のエアコンで手術室内の空気をきれいにした上で、手術室の外の空気が室内に入り込まない仕組み(陽圧換気)も備えており、より清潔な環境で手術をおこなっています。また、万が一手術中に停電が起きても、一定時間は電源を確保できる、無停電装置を備えており、安全には万全を期しております。最近は器械の進歩もあり、より安全に手術を受けることが出来るようになってきています。白内障手術を御希望の方は是非一度ご相談ください。

緑内障手術

線維柱帯切除術(インプラント挿入も可能)、線維柱帯切開術(小切開のカフークデュアルブレード使用も可能)、マイクロパルス波を用いた最新のレーザー治療(経強膜毛様体光凝固術)など

緑内障手術について

薬物療法やレーザー治療を行っているにもかかわらず、眼圧が下がらなかったり、視野が狭くなっていったりする場合には手術をおこないます。 大きくわけて房水の通り道を通りやすくする流出路再建術と、房水を球結膜下に逃がす濾過手術、チューブから眼球周囲の深部に設置するプレートへ逃がすチューブシャント手術があります。緑内障手術の術式はたくさんありますので、病状に合わせて術式を選択します。

流出路再建術

緑内障の線維柱帯の目詰まりに対して、薬物治療・レーザー線維柱帯形成術を行っても十分な眼圧下降効果が得られない場合に実施される手術が、流出路再建術(トラベクロトミー)です。強膜を切開し、眼球の外側から線維柱帯を切開して、目詰まりを解消し、房水流出の促進を目的とした手術です。

濾過手術

濾過手術は、上記の手術で効果が得られない眼や10mmHg前後にしたい眼に対して行う方法で眼圧下降には、最も効果が高い方法です。手術後眼圧が安定するまで、眼球マッサージやレーザーによる縫合糸切断などのメンテナンスが必要です。
従来の濾過手術(トラベクレクトミー)に加え、2011年に厚生労働省の認可が下りたインプラントを用いた濾過手術(エクスプレス)もおこなっています。
エクスプレスは従来のトラベクレクトミーに比べて合併症が少ないのが特徴ですが、適応がやや限られます。手術後に、縫っている糸をレーザーで切って逃がす房水の量を調整して眼圧を10mmHg前後に調整します。

チューブインプラント

「チューブインプラント手術」は、用いるインプラントによって2種類に分けられます。
1つは、プレート付きのチューブを用いる方法、もう1つは、プレートのないチューブのみを用いる方法(上記のエクスプレス)です。

硝子体手術

硝子体とは

硝子体(しょうしたい)は眼球の内部の大部分を満たしている無色透明のゼリー状のもの(透明なゲル)で99%が水です。硝子体は水晶体の後ろに接し,眼球の奥では,一部で網膜とくっついていますが,ほとんどは軽く網膜と接しているだけです。役割としては、眼球の形を保つと同時に、入ってくる光を屈折させます。

硝子体手術について

当院では、27ゲージというわずか0.4mmの小切開創での硝子体手術システムも採用しております。

ベッドに仰向けになり、消毒の後、清潔なカバーを顔にかけて行います。
基本的には局所麻酔で行います。

1 硝子体手術では、まず白目の部分に手術機器を挿入する小さな穴を下記のように3ヶ所あけます。

  1. 術中に眼球の形態を保つための灌流液を入れるためのもの
  2. 眼内を照らす照明を入れるためのもの
  3. 硝子体を切除するカッターなどを入れるためのもの

2 濁った硝子体を切除し、疾患によって網膜に追加操作を行います。

濁った硝子体はカッターといわれる装置で切除しますが、必要に応じて、眼内染色液を使用します。網膜への手術操作には、網膜上の膜除去、レーザー凝固などがあります。

3 疾患や眼内の状況に応じて、空気やガス、シリコンオイルなどを眼内に入れる場合があります。

術後うつむきの姿勢が必要となります。空気は1週間程度で眼内の水に置き換わります。シリコンオイルは、より重症例に使用され、眼内の状態が落ち着いたら再手術により除去します。
なお、硝子体手術をおこなうと白内障が急速に進行します。白内障手術を同時に行うと、硝子体手術がより安全・確実に行えるという長所があるので、ほとんどの場合で白内障手術を同時に行います。

適応疾患

黄斑上膜、黄斑浮腫、硝子体出血、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、硝子体混濁、黄斑円孔、裂孔原性網膜剥離など

外眼部手術

眼瞼下垂手術、内反症手術、翼状片切除術、麦粒腫・霰粒腫切除術、など

求人案内

診療案内