松山眼科クリニック

Tel.072-395-2881
WEB予約
WEB予約

各種レーザー治療

Medical

網膜光凝固術

網膜光凝固術は、糖尿病網膜症(DR)、網膜中心静脈閉塞症(CRVO)、網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)、中心性漿液性脈絡網膜症(CSC)、網膜裂孔(RT)等の眼底の病気に対して行われる治療法です。糖尿病網膜症により発生した無血管領域(網膜の血流が途絶え酸素不足になっている領域)は、放置しておくと新生血管が発生する温床になります。無血管領域ができてしまった場合には、事前にレーザー治療を行うことにより、網膜の虚血や低酸素の状態を改善し、新生血管の発生を予防できます。網膜中心静脈閉塞症(CRVO)や網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)もほぼ同様の作用機序になります。これらの治療は、あくまでも網膜症の病勢を抑え、失明を予防することが目的で、視力を回復させるものではありません。

YAGレーザー
後嚢切開術

後発白内障とは、白内障術後に生じる眼内レンズを包む膜(水晶体嚢)が濁ってくる病気です。後発白内障では、眼内レンズを包む水晶体後嚢にYAGレーザーをあて、混濁物質を飛散させることで、見え方の改善をはかります。水晶体嚢にある細胞が増殖し混濁してくることが原因で、白内障治療後の方で、曇り・霞みなどの症状が出てきます。水晶体後嚢にヤグレーザーを照射し、混濁物質を飛散させます。外来で5分程度で完了でき、痛みはほぼありません。一度治療するとほとんどの場合は再発しません。

マイクロパルス
線維柱帯形成術
(MLT)

点眼薬のみでは眼圧下降が不十分な緑内障に対し、濾過手術を行う前に選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)が行われる場合があります。しかしながら、SLTは線維柱帯を意図的に破壊するため、術後に急激な眼圧上昇を起こす症例もあり、徐々に眼圧が再上昇し、再治療が必要となる場合が多いなどの理由から賛否両論あり、一般的普及には至っておらず、点眼薬で不十分な場合にはすぐに濾過手術が行われることも少なくありません。一方、マイクロパルス光凝固(MLT)は、熱効果であるため、線維柱帯細胞を破壊せず、眼圧が再上昇しても、何度でも追加施行が可能です。当院ではこのマイクロパルス光凝固(MLT)を用いた痛みのない低侵襲レーザー治療を行っております。

マイクロパルス
閾値下凝固治療

従来より非常に弱いレーザーを照射するため、網膜の組織を障害することがない患者様の眼に優しい非常に侵襲の少ないレーザー治療となります。非常に短い凝固時間のレーザーを連続発振し照射することで選択的に網膜色素上皮に熱のエネルギーが伝わるという性質を応用して開発されたレーザー治療です。従来の光凝固では網膜に凝固斑が残り、その後凝固斑の拡大により視野障害、視力低下をきたすことがあります。しかし、マイクロパルス閾値下凝固によるレーザーの場合、それが見られず非常に侵襲の少ない治療となります。ただ全てのレーザーをこの治療で補える訳ではありませんのでご相談いただければと思います。

マイクロパルス閾値下凝固の対象疾患

糖尿病網膜症の黄斑浮腫:糖尿病網膜症は、糖尿病が原因で網膜が障害を受け、視力が低下する病気です。腎症・神経症とともに糖尿病の3大合併症のひとつです。

網膜静脈分枝閉塞症の黄斑浮腫:網膜静脈分枝閉塞症は、網膜の静脈が閉塞し、血液が流れなくなる病気です。急激な視力低下、突然の視野障害が代表的な症状です。

中心性漿液性脈絡膜症:中心性漿液性脈絡膜症は、網膜の中で、最も視力に関係する黄斑に網膜剥離が発生する病気です。30~50代の男性に多くみられます。

レーザー虹彩切開術(LI)

閉塞隅角緑内障の方に対して行う治療法です。レーザーで茶目(虹彩)の付け根に小さな孔を開けて、新たな房水の通り道を作り、房水の流れを改善します。閉塞隅角緑内障や続発緑内障による、急性緑内障発作時にも緊急の処置の1つとして行うことがあります。

毛様体光凝固術
(CYCLO G6)

あたらしい緑内障レーザー治療(CYCLO G6)

最新の半導体レーザー設備(CYCLO G6)を導入しました。レーザーにより毛様体に熱を与え房水の排出量を増やす新しい毛様体光凝固術(マイクロパルス経強膜毛様体光凝固)が可能な器械です。CYCLO G6で行う新しい毛様体光凝固術は従来の毛様体光凝固術よりも、痛みが少なく合併症のリスクが低いことが特徴です。再度眼圧が上昇した場合も繰り返し治療を行うことも可能です。この機械では、房水の産生量を減らすだけでなく、流出量を増加させる新しい照射法を選択することができます。

※CYCLO G6は、2015年にFDA(アメリカ食品医薬品局(FDA)は、アメリカ合衆国保健福祉省配下の政府機関。連邦食品・医薬品・化粧品法を根拠とし、医療品規制、食の安全を責務とする組織)の承認を受けております。

CYCLO G6の有効性

約70-80%の患者さんで有効とされています。
マイクロパルス毛様体光凝固の効果は約1カ月後に安定してきます。その結果、点眼を減らしたり、手術を回避する事を目的としています。

CYCLO G6が緑内障治療に与えるメリット

  • 非切開・非観血治療で、低侵襲な治療
  • 合併症の発生率は低く、重篤な合併症がない
  • 様々なステージの緑内障に適応
  • 薬物治療との併用も可能
  • 反復治療可能
  • 外科的手術後の眼圧コントロールも可能
  • 効果が得られなかった際には、非切開であるため外科的手術への移行も可能

求人案内

診療案内