松山眼科クリニック

Tel.072-395-2881
WEB予約
WEB予約

一般眼科

Medical

視力低下

視力低下の原因は実に様々な病気が考えられます。主な症状として、見えにくい・目が疲れやすい・物がかすんで見えるなどがあり、例えば、老眼や近眼、白内障や緑内障、眼底疾患などが考えられますが、まずはお気軽にご相談にお越しください。

近視

視力の低下にはいろいろな原因がありますが、代表的なものに「近視」があります。世界的に見て日本人には近視者が多く、人口の6割以上が近視と言われます。
正常な目の状態では、遠くを見たとき、網膜上に焦点を結びます。しかし近視の場合は、角膜や水晶体を通った光が網膜よりも前でピントを結んでしまい、焦点が合わないため、はっきりと物を見ることができません。
近視の場合は、メガネやコンタクトレンズで矯正すれば、網膜上にきちんと像が結べるようになり、日常生活に支障をきたさない視力を保つことができます。よく心配なさる方がおられるのですが、適切なメガネを使っていれば、メガネの使用によって視力が低下することはありません。また、メガネの度数によって、見え方や目の疲れ具合も異なってきます。お子様の場合ですと、視力の発達具合にも影響が出てきます。
メガネやコンタクトレンズで視力矯正をされる際は、お気軽にご相談ください。

老眼

老視(老眼)は40歳前後から始まる目の老化現象です。目のピント合わせをしている水晶体の弾力性が老化により衰えて、調節の幅が小さくなるために、近いところが見えにくくなるのです。近くが見えにくくなっているのに無理をしていると、肩こり、目の疲れ、頭痛、吐き気のような症状が現れ、日常生活にも支障が及びかねません。
また、視力の低下を感じていても老視だからと自己判断して放置される中高年の方が少なくないのですが、緑内障や加齢黄斑変性など、実は別の疾患が隠れており、それが進行して視力が低下している場合もあります。そうした可能性もありますので、目が霞んだり、なんとなく見えにくくなってきたように思われる方は、早めにご相談ください。

ドライアイ

目が重い、疲れやすいと自覚している人は多いのではないでしょうか?それはドライアイのせいかも知れません。最近、パソコンやスマートフォンなどの普及により目を酷使して、目が疲れやすい、あるいは何となく目に不快を感じるという人が増えています。目に不快感があると仕事のみならず、日常生活でも大きな不便を感じたり、肩こり、頭痛、吐き気などの症状を招いたりすることがあります。
こういった疲れ目の原因で、ここのところ注目されてきたのが目の乾き、いわゆるドライアイです。目が疲れやすいのは、目を使い過ぎたためばかりでなく、もしかしたらドライアイという病気の症状かもしれません。ドライアイとは、涙の量が少なくなったり、量は十分でも涙の質が低下したりすることにより、眼球の表面を潤す力が低下した状態です。傷や障害が生じたり、重症になると眼の表面に無数の傷がついている場合もあります。また、目に入ってきた細菌や花粉などの異物を涙ですぐに洗い流すことができなくなり、感染症やアレルギーなどの炎症が起こりやすくなります。
目が重い、目やにが出る、目がゴロゴロするなどのちょっとした不快感などは、早期の診断と治療により改善することが多いので、お気軽にご相談ください。

アレルギー

アレルギーとは、外から入ってくる異物に対して、体の免疫反応が過剰に起こることを言います。目のアレルギーを起こす原因物質(アレルゲン)としては、いわゆるハウスダスト(ダニ、カビ、動物の毛やフケなど)や花粉などが代表的です。アレルギーを起こすと目やまぶたが痒くなり、充血を来たし、白っぽい目やにが出ます。
治療には点眼薬を用いますが、抗アレルギー剤の点眼のみで症状が治まらないときは、ステロイド点眼薬を併用する場合があります。また、春先のスギ、ヒノキや夏のイネ科植物の花粉、秋のブタクサなどキク科植物の花粉による季節性のアレルギーによる目の痒みや目やに、流涙、くしゃみ、鼻水,鼻詰まりなど、アレルギー症状でお困りの方もご相談ください。
初期療法として飛散時期の2週間くらい前から抗アレルギー剤の点眼や内服を始めると、症状の悪化をより抑制しやすいと言われます。花粉症の治療をご希望の方は、早めのご来院をお勧めいたします。

めばちこ

主な症状として、まぶたが赤い・まぶたが腫れる・まぶたが痛いなどがあり、細菌感染によって腫れや痛みが起きる「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」、まぶたに目の脂の成分が溜まって腫れる「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」など、めばちこにはいくつかの種類があります。点眼薬や軟膏、内服薬などで治る場合がほとんどですが、腫れや痛みがひどいケースでは、切開手術をおすすめする場合があります。

飛蚊症

小さな虫や黒い点、糸のようなものが飛んでいるように見える症状を、飛蚊症(ひぶんしょう)と言います。眼球の中にある本来は透明な硝子体が濁り、その影が網膜にうつることで、こうした症状が起こります。多くの場合は問題ありませんが、中には網膜剥離など大きな病気につながるケースもあります。大きな病気の飛蚊症ではない場合、基本的には経過観察です。しかしどうしても気になるため除去を希望される場合は硝子体手術により除去します。

眼瞼痙攣

眼瞼痙攣とは、まぶたが勝手にピクピク動いたり、まばたきが異常に増えたり、眼が開きにくくなったりする状態。主な症状として、まぶたが震える・頬が勝手に動く・まぶたが開きにくいなどがあり、初期段階では「まぶしい」「痛い」「目が乾く」「ごろごろする」といった、ドライアイに似た症状が現れます。基本的には自然に改善することがほとんどです。痙攣が強く日常生活がしんどい様であればボトックス注射を行います。ボトックス注射とはボツリヌス菌の作り出す毒素成分(ボツリヌストキシン)を注射することで、筋肉の動きを止めることによってしわを消します。

白内障

白内障について

白内障は、眼の中でレンズの役割を果たしている水晶体が年齢とともに濁ることで視力が低下する病気です。水晶体は、目の中でカメラのレンズのようなはたらきをする組織で、外からの光を集めて網膜(カメラで言うフィルム)にピントを合わせるはたらきを持っています。濁り方のタイプによって症状が違ってきますが、目のかすみと視力低下が代表的な症状です。他の白内障の症状としては、次のような症状があります。

・目のかすみ(霧がかかったように目がかすむ)
・光をまぶしく感じる。(夜間に対向車のライトがフラッシュを焚いたように見える)
・夜間に街灯の周りに輪がかかって見える。(光輪視)
・視力が低下する。
・急にめがねが合わなくなる。白内障が進行し水晶体が硬くなると度数が変化しメガネが毎年あわなくなるという症状が現れることもある。

このような症状があらわれたら、一度受診されることをすすめます。

 白内障の治療

点眼薬による治療

仕事や生活に支障が出ていない初期の場合は、ピレノキシン製剤やグルタチオン製剤による点眼治療が基本です。ただし、薬を使用しても水晶体が透明に戻るわけではなく、あくまで白内障の進行を抑えることが目的です。日常生活に支障が出てきた場合、外科的手術が行われます。

手術による治療

現在では「超音波乳化吸引術」が一般的です。この手術では、濁った水晶体を超音波で粉砕して取り除き、その代わりに人工水晶体である眼内レンズを挿入します。白内障の手術は、多くの患者様が安心して受けることができる手術の1つです。また、手術を受ければ、視力の回復が見込める病気です。ただし、人工的な眼内レンズにピント調節機能はないため、手術後もメガネなどにとる視力の矯正が必要な場合があります。

緑内障

緑内障について

日本人における視覚障害の原因疾患の第一位は緑内障です。治療せずに放っておくと失明につながるおそれがあります。40歳以上の日本人の20人に一人が緑内障と推定されています。また、緑内障は視野(見える範囲)が狭くなってくる病気です。片方の目に見えない部分があっても、両目で見ているともう片方の目でカバーしてしまうため、見えない部分がかなり広がるまできづかないことが多い病気です。
また眼圧が急激に上昇して発症する急性緑内障では、眼の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状を起こすことがあります。急性緑内障は、充血や瞳が青っぽくなるといった見てすぐにわかる症状がでやすいです。
緑内障を早期に発見し、治療をきちんと受けて、眼圧をしっかり管理できれば、多くの場合、失明に至ることはありません。早期発見と治療を継続することが大切です。

緑内障の原因

眼球の中は房水によって満たされており、眼球は内側から外側に押されて球体を維持しています。この眼球を外側へ押す力を眼圧と呼んでおり、房水の量は産出と排水のバランスが保たれており、適度の眼を維持しています。
しかし何らかの原因で房水の流れが妨げられると眼球内の房水の量が増加して眼圧が上昇し、視神経が押しつぶされて損傷し、正常に機能しなくなります。
緑内障の中でも日本人に多いのが正常眼圧緑内障だといわれています。正常眼圧緑内障とは、眼圧が高くないにもかかわらず緑内障になることをいいます。視神経が痛めつけられる大きな原因は高眼圧ですが、眼圧は正常値なので緑内障を発症する人が多いことがわかっています。
視神経乳頭の強さは人によって異なりますが、視神経が構造的に弱い場合、正常レベルの眼圧でも視神経が傷つけられています。
眼圧は1日の中でも変化するものであり、1年を通じてみいると、冬季に多く、夏季に低くなりやすいことも知られています。
眼圧に影響するものとしては、年齢、性別、近視や遠視の程度、人種、体型、運動、血圧などもあります。緑内障の患者様は特に1日の眼圧の変化が大きいです。

緑内障の治療

点眼薬による治療

眼圧(眼のかたさのこと)を下げる効果のある目薬を点眼します。研究の結果、眼圧が下がれば下がるほど視野がせまくなるスピードが遅くなることがわかっており、それぞれの人の目標まで眼圧を下げます。具体的には、房水の産生を抑える効果がある薬や、房水の流出を促す効果がある薬を点眼して、眼圧を低下させます。もともと眼圧が高くない人でも、眼圧を下げることによって、病気の進行を抑えることができます。

レーザーによる治療

点眼薬の服用でも効果がない場合、レーザー治療を行います。レーザー治療には、虹彩に孔をあけて眼内の房水の流れを変えるものと、線維柱帯に照射することで房水の排出を促進するものがあります。痛みはほとんどありません。

手術による治療

点眼薬を使っても、視野の欠損が進行する場合には、外科的治療を行います。(手術の内容によって入院施設のある病院へ紹介となります。)緑内障は眼圧がコントロールされて視野の進行をゆっくりにすることができれば怖くありません。早期発見が大事ですので一度眼科を受診しましょう。

糖尿病網膜症

糖尿病が長く続くと・・・

糖尿病で血糖値が高い状態が続くと、からだの中の細い血管がまず傷害を受けます。からだの中の細い血管・・というと眼の奥にある網膜(カメラのフィルムにあたる)を流れている網膜血管が代表です。糖尿病では、はじめに網膜血管が傷害を受けます。

初期の糖尿病網膜症

糖尿病によって網膜血管が傷害を受け続けると、血管の壁が破れて小さな出血(点状出血)をおこしたり、血管にこぶ(血管瘤)ができたりします。また、血管の壁が弱くなると血液の中の水(血漿成分)が血管の外に漏れ出て網膜にたまったりします。このような時期を単純型網膜症と呼んでいます。

 中期の糖尿病網膜症(前増殖期糖尿病網膜症)

単純型糖尿病網膜症の状態でさらに高血糖の状態が続くと、網膜血管が破れては修復し・・を繰り返すうちに、やがて閉塞(血管がつまる)します。『網膜』はものを見るための神経でできた膜で、網膜はたくさんの酸素や栄養分を必要とします。網膜の血管がつまって網膜が酸素不足になると、それに対抗して網膜は眼内に血管を生やそうとする物質(VEGFなどと呼ばれる物質)を放出します。その結果、網膜には『新生血管』という血管が成長するようになってきます。新しい血管が生えてきて血のめぐりが良くなって・・・となれば良いのですが、残念ながらそうはいきません。新生血管は言ってみれば『出来そこない』の血管で正常な網膜血管のような機能を果たすことはありません。それどころか、新生血管はもろくて簡単に破れてしまい、出血の原因になったり、次に述べます増殖膜という悪い膜を作ったり、血管新生緑内障という恐ろしい緑内障の原因になったりします。

末期の糖尿病網膜症(増殖糖尿病網膜症)

網膜に新生血管が多発してくると糖尿病網膜症はいよいよ重症の段階に入ります。新生血管が破れることで眼の中に出血(硝子体出血)を起こしたり、新生血管を取り囲むように増殖膜という膜を形成したりするのがこの時期です。増殖膜は網膜に強く癒着している(くっついている)ので、増殖膜が成長してくると癒着しているところで網膜を引っ張る様になってきます。網膜を引っ張る力が強くなると、網膜は眼の奥からはがれるようになります(牽引性網膜剥離)。新生血管の勢いが強いケースでは、眼の中の水の排水口を新生血管がふさいでしまい、水の排出がうまくいかなくなる結果、眼圧(眼の硬さのこと)が上昇し、視神経を傷害することで悪性の緑内障となってしまうこともあります(血管新生緑内障)。このように牽引性網膜剥離や血管新生緑内障は最悪の場合、失明につながる併発症で手術を含めた治療が必要となります。

 糖尿病網膜症の症状

初期の単純型網膜症の時期は自覚症状に乏しいことも多く、自分では気づかないうちに進行していたということもあります。中期以降に新生血管から出血したり、網膜浮腫が中心部に及んだり(黄斑浮腫)すると、飛蚊症(黒いものが飛んで見える)や視力低下を自覚するようになってきます。糖尿病の患者さんの中には眼の症状がないからといって眼科受診を怠っている方がおられますが、自分では気づかないうちに糖尿病網膜症が重症となっていることがあります。血糖コントロールが良くても糖尿病のある方は定期的な眼科受診が不可欠です。健康診断の眼底写真では糖尿病網膜症が見過ごされることが多く、眼科での定期的な眼底検査が必要です。

糖尿病網膜症の治療

単純型の時期は血糖コントロールの改善により眼も改善することがあります。この時期は血糖コントロールが網膜症の治療にもなります。前増殖期以降まで進行すると血糖コントロールだけでは糖尿病網膜症の進行は止めることができません。この時期になると、毛細血管が閉塞した領域の網膜に対してレーザー治療が必要になります。硝子体出血や牽引性網膜剥離に対しては硝子体手術(眼の中の操作をする手術)が必要になることもあります。最近では糖尿病網膜症による黄斑浮腫(網膜のむくみ)の治療に硝子体注射(眼の中に注射をする)も行われています。糖尿病の患者数は今後も増加すると言われており、糖尿病による失明の予防のために眼科受診を定期的にして網膜症の早期発見に心がけましょう。

加齢黄斑変性症

黄斑(おうはん)って何?

眼はカメラに良く似た構造になっていますが、カメラでいうフィルムに当たるのが『網膜』です。『黄斑』は網膜の中心部のことで、見ようとする視野の真ん中を担当しています。視野の 真ん中・・・ということは文字を読んだり、人の顔を見たりする時の真ん中に当たるので、黄斑に病気が起こった人は、文字を見ようとすると、ちょうどその文字の部分が見えない、見えにくい、あるいは人の顔の真ん中がゆがんだ変な形に見えるといった症状が起こります。

加齢黄斑変性とは・・

網膜の中央部分にある「黄斑部」は、私たちが物を見るのに、最も大切なところです。「黄斑変性症」は、その黄斑部が障害される病気です。ほうっておくと失明する危険性もあり、欧米諸国では失明原因の第1位を占めています。
加齢黄斑変性とは、網膜の中心である黄斑部(物を見ようとする部分)に血管新生が起こり、出血やむくみなどにより、視力が低下する病気です。先進国において、成人(特に50歳以上)の中途失明の主要な原因となっています。日本においても、近年の急激な高齢者人口の増加や生活習慣の欧米化などに伴い、患者数が増加しています。患者数は男性のほうが多く、年齢が高くなるにつれて増加します。また、喫煙者に多いことが知られています。

加齢黄斑変性の症状

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)になると、見たいところが見えない、読みたい文字が読めないなど、日常生活に支障をきたします。また、その症状は進行していきます。

  • ゆがんで見える
  • 中心が暗く見える
  • ぼやけて見える
  • 不鮮明になる

 

症状は中央部以外は見えている状態で、全く光を失ってしまうことはありません。症状が片方の眼から現れることが多いため気づきにくく、また気づいても年齢のせいにしてそのままにしていることも少なくありません。

加齢黄斑変性の診断

加齢黄斑変性の診断はまず眼底検査を行い、出血や滲出(水漏れの所見)がみられた場合、蛍光眼底造影、光干渉断層計 ( OCT ) 等により診断します。

加齢黄斑変性の治療

現在では新生血管に対して効果のある薬を眼の中に注射する方法が主流となっています。注射により新生血管の勢いをしずめ、視力の維持を目的とします。当院でも可能な治療で、痛みもなく比較的安全な治療ですが、注射の効果は長続きしない場合が多く、定期的な注射が必要となります。

加齢黄斑変性にならないために・・

加齢黄斑変性の発症予防に食生活から緑黄色野菜を多く取る様にするのは有効でしょう。また喫煙はリスクを高めることもわかっており禁煙をお勧めします。加齢黄斑変性は今後増加すると言われており早期発見、早期治療が重要な病気です。少しでも変だなと思った際は、眼科を受診するようにしましょう。

ぶどう膜炎

ぶどう膜炎とは、眼の中に起こる炎症の総称。「眼がかすむ」「まぶしく感じる」「痛い・かゆい」といった症状のほか、飛蚊症が起こることもあります。多くは原因不明ですが、全身疾患から炎症が起きている場合もあります。症状が良くなったり悪くなったりを繰り返して長引くこともある病気なので、定期的な通院が必要になります。

斜視

通常、物を見るときには、左右の目が見ようとするものの方向に自然と動きます。斜視とは、両眼が同じ方向を見ていない状態を言い、お子様の2%くらいにみられる疾患です。斜視は早期に治療しないと、弱視や複視(物が二重に見える)の原因になりますので、気になった場合は早めにご相談ください。

弱視

6歳くらいまでの視力発達の大切な時期に、目の病気(斜視や遠視など)や、なんらかの異常、けがなどが原因で視力が正常に成長しない場合があり、これを「弱視」と言います。
近年、弱視の原因に網膜疾患があり、光干渉断層(OCT)検査で判明できるようになりました。

眼科検診

主な症状として、目の調子が悪い・要精査判定だった・血縁に眼病の方がいるなどがあり、人間ドッグや一般的な眼科検診などで「異常」「要検査」の結果が出た方の精密検査を積極的に受け入れております。最新機器による迅速かつ正確な診断で、病気の早期発見・治療に努めます。他院で診療されている方のセカンドオピニオンも受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

小児健診

主な症状として、視線が合わないことがある・検診で弱視疑いと指摘された・色覚検査をしたいなどがあります。「子どもの眼が寄っている」「ものを見る時に頭を傾けている」などの症状に気づいたら、お子さんの眼に何らかの障害が起こっている可能性があります。小児の斜視や弱視は、放っておくと視力発達を妨げるおそれもあります。幼いうちに正しい治療やケアをするために、気になることがあれば早めに受診しましょう。

眼鏡処方

主な症状として、度数が合わなくなった・今の眼鏡やコンタクトレンズが疲れる・長期間眼科受診していないなどがあります。「子どもの眼が寄っている」「ものを見る時に頭を傾けている」などの症状に気づいたら、お子さんの眼に何らかの障害が起こっている可能性があります。小児の斜視や弱視は、放っておくと視力発達を妨げるおそれも。幼いうちに正しい治療やケアをするために、気になることがあれば早めに受診しましょう。コンタクトレンズについては、当院で扱っておりますので、ご相談ください。(ただし、中学生以下の患者様の場合は、保護者の方の同意が必要です。)

求人案内

診療案内